スタッフブログ

スタッフからのお知らせです
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

ゆずり葉花暦『紫のバトン』

桜の咲き始めからのポカポカ陽気。桜の時期もあっという間に過ぎ気づけば初夏の陽射しに。
草木も芽吹き日に日に青々と新緑の季節となってきましたね。

ゆずり葉では、早春に他の木々に先駆けて梢いっぱいに咲かせてくれた真っ白な『コブシ』から、紫色の『木蓮』がバトンを受け、これから『紅花常盤万作(べにばなときわまんさく)』が見ごろを迎えます。

『コブシ』は、桜と同様に葉よりも先に花が咲き、桜より一足先の田植えの時期に花が咲くことから、別名「田打ち桜」「種蒔桜」とも呼ばれ、昔から農作業の目安ともなっている木のひとつで、全国でも親しまれている樹木。

『コブシ』も『木蓮(もくれん)』もモクレン科モクレン属の落葉広葉樹で、コブシは甘く、モクレンは柑橘系のさわやかなかおりが漂います。

 
紫色の花が木いっぱいに咲かせる『木蓮』の歴史は古く、日本では平安時代の書物に記録が残っているほど。つぼみが必ず北を向いていることから「コンパスフラワー」とも呼ばれ、海外でも街路樹や庭木に利用され人気のある樹木だそうです。

花が蘭(らん)の花と似ていることから、元々は「木蘭:モクラン」と呼ばれていましたが、蓮(はす)の花の方が似ているということで、「木蓮:モクレン」とも呼ばれるようになりました。英名のMagnoliaは、フランスの植物学者、ピエール・マニョル氏にちなみます。

木蓮(英名:マグノリア)の花言葉は? 『自然への愛』『崇高』『持続性』

「自然への愛」という花言葉は、春に花と葉を一気に芽吹かせる姿に由来します。
また、木蓮の木は恐竜が生きていた1億年前頃には存在していたとされ、その頃から変わらずに美しい花を咲かせていることから「持続性」という花言葉が付けられました。

恐竜の時代から咲いていたと思うと不思議な感じがしますね。

木蓮の花色と似た、上品な赤紫。
ひときわ目を惹く垣根の『紅花常盤万作』は、この時期になると皆さんからその名をたずねられる花の一つです。
新緑の若葉と紫の花々と青空のコントラスト、これからしばらく楽しませてくれそうです。

『ひよこルーム』お休みのお知らせ

足早に桜の花が舞い、新緑のわかばが芽吹く初夏の陽気、お外遊びが楽しい季節になりましたね。

今日は、少しさみしいお知らせですが、

親子の集いの場や仲間作りの場として、月曜の午後、自由開放をしていました、だまりの『ひよこルーム』は、
都合により来週月曜4月~しばらくの間、お休みとさせていただきます。
再開につきましては、こちらのHPでお知らせさせていただきます。

アートセラピー ~いろんな画材にふれてみよう~

第4弾  アートセラピー  〜いろんな画材に触れてみよう〜

今回は、クレヨン、色鉛筆、筆、マジック、粘土を使って、塗ったり、描いたり、触ったり…を、体験できる機会にしてみました。

何だろうと気になったり、やってみたいと少しでも思う方は、ぜひ、この機会に参加いただけると嬉しいです。お待ちしています。

日時:4月18日(水) 14:30〜16:00

場所:クリニック多目的ルーム

対象:興味のある方(お子さんも一緒でも大丈夫!)

定員:4名

参加費:1000円(画材代含む)

予約受付中

月・火・水・金・土曜日(祝日を除く)の 14:30 ~ 16:00 の時間内に受付またはお電話でお申込みください。

産婦人科ゆずり葉の診療時間内(8:30~14:30)は、申込みを受け付ておりませんので、予めご了承ください。

休日は受付をしておりません。

3月の遊々時間の様子

3月8日(木)テーマ「はる」    3組の参加でした

初めて参加のAちゃんとBくん、4月から幼稚園に入園するため今回が最後になったC くん

赤色と白色のえのぐの入ったお皿を大きな紙の上に置くと、Cくんが一番にお皿に手を入れ紙にペタペタ。赤と白の絵の具は、混ざり合いきれいなさくら色になりました。それを見ていたAちゃんとBくんもお皿のえのぐを触って、紙に描き始めました。そのうち紙だけでなく、壁のほうにも塗り始めました

Cくんは、同じ場所に立ち、ぬるぬる、つるつるを紙が破れるほど楽しんでいました。こけそうでこけない絶妙なバランスでした。

 

 

 

 

 

ゆずり葉花暦『春分』

雨模様の肌寒い花冷えの『春分の日』となりましたね。
3月に入り暖かくなり虫たちが動き始める『啓蟄(けいちつ)』を過ぎた頃から、ゆずり葉のお庭も日に日に色鮮やかになってきました。先月の中頃、芽吹き始めた「ヒヤシンス」や「クロッカス」に雪がかぶっていたのが信じられないくらいです。
 

『三寒四温(さんかんしおん)』とはよく言ったもので、4日間暖かい日が続くと3日間寒い日が続き、また暖かい日が訪れる…7日周期の寒暖が繰り返される、春先のこの時期によく聞かれる気候を表す言葉。調べてみると本来は朝鮮半島や中国北東部の典型的な冬の気候を表す冬の季語の様です。日本では春に向かうちょうど今の時期の気候に合わせて使われるようになったようですが、まさに…。
先週の暑いぐらいの初夏の陽気が続いたころには、蕾のほうが多かった「コブシ」の花が一日で一気に咲きました。

「四手コブシ(シデコブシ)」蕾が毛皮を着ているようなので、花ひらくと『春❣』といったかんじですね。
 

「赤」「白」「ピンク」「青」と色とりどりのヒヤシンス

 

沈丁花(チンチョウゲ)も三椏(ミツマタ)も咲き始め、お庭のかおりはふんわりと優しく草木を包み込んでいます

 

今は毎日、いろんな種類の「水仙(すいせん)」がバトンタッチしながら咲いています。

まとまった雨、天からの恵みに草花は大喜びしているかもしれませんね。
みなさんもお花見のおさんぽに出かけてみてくださいね!