ゆずり葉花暦「秋の気配」

おはようございます。
三連休いかがお過ごしですか?

酷暑続きの恐ろしさを感じるほどの異常な夏の陽射し…
立秋が過ぎてもなかなか暑さが和らぐ気配もなく心配していましたが…
 

9月に入りやっと陽射しも和らぎ、涼やかな風に、秋の気配を感じられ、ほっと安心感すら覚えます。
ゆずり葉のお庭の緑も、真夏のギラギラ太陽の下、負けじと耐え次の季節の準備をしていた草花が「秋のたより」を届けてくれています。(お庭にちっちゃな💛のプレゼントも、みぃつけた!)

夏の間も瑞々しい葉を広げてくれていたツワブキの間からは、ヤブラン(リリオぺ)が可愛らしい花をつけ
紫式部の実も、日に日に濃い紫色へと色づいています。


昨年は蕾が硬く数えるほどしかお顔を見せてくれなかった「シュウメイギク(秋明菊)」も、この2回目の秋には純白で可憐な花をつけてくれました。
八重に一重に…、コスモスのような濃いピンク色の花を咲かせてくれる種類もあります。(ピンク色は、まだこれから?)

 

シュウメイギク(秋明菊)は、秋に咲く八重咲きの花が菊によく似ていることから、名づけられました。
なんだか葉やつぼみも菊に似ている気がしますが、キンポウゲ科のイチリンソウ属に分類され、アネモネの仲間。
一重咲きの花は、小ぶりのアネモネのようですね。

一重咲きの秋明菊は、この時期京都を訪れると庭先・玄関先でよく目にし、優しい色合いと風情ある佇まいに魅了されてしまいます。
別名「キブネギク(貴船菊)」でも知られ、京都の貴船山へとあがっていくと帰化した秋明菊が多くみられます。京都の土地があったのですね。

花言葉も「薄れゆく愛情」「淡い思い」など移ろう恋心を表現したものがつけられ、はかない秋の乙女心を感じてしまいますが、
「忍耐」といった、暑い夏を耐え忍んでここにある可憐さに秘めたる強さを表すようなものも。

これから、草木が秋色に染まっていくのが楽しみですね。

明日からは七十二候「玄鳥去(つばめさる)」子育てを終えたツバメたちが、深まる秋を感じて南へと飛び立っていく頃です。ぼちぼち冬支度?季節を肌で感じながら過ごしていきたいですね。


秋明菊(シュウメイギク)別名:貴船菊、秋牡丹、
学名:Anemone hupehensis
英名:Japanese anemone
誕生花:9/14, 9/30 ,10/8, 10/15
花言葉:「薄れゆく愛」「淡い思い」「あせていく愛」「多感なとき」「忍耐」

このエントリーをはてなブックマークに追加