ゆずり葉花暦『紫陽花の季節』

梅雨入りの声を聞いたのを忘れてしまうほど、爽やかな青空に心地よい風過ごしやすい毎日ですね。

ゆずり葉の小径では、毎日紫陽花が表情を変え楽しませてくれています(*^^*)

和名の「アジサイ」は、あづ(集まる)+さあい(真藍・青い花)という、紫陽花の花が咲いている様子に由来し、それが変化したと言われています。紫陽花は色が変化することから、別名を「七変化」「八仙花」とも呼ばれ、彩の移り変わりを楽しませてくれるお花。今年はとてもたくさんの花を咲かせてくれそうで、どのような七変化をお届けできるかワクワクしています。


おたふく(ポップコーン)も優しい淡いグリーンから、可愛らしいまあるい花びらをひろげ、色もピンク色からブルーへと変化しながら次々と花を咲かせてくれています。
皆さんもご存知の通り、紫陽花の花びらのようなのは萼(ガク)。ガクも色んな形がありますね。

ひときわ、目を惹く鮮やかなマゼンタピンクの紫陽花は
シティーライン“パリ” 名前に負けずとってもおしゃれで華やかです。

四枚の萼の様子から「四葩(よひら)」と、とても風情ある呼び名もあり、万葉集など和歌にも詠まれるほど昔から身近で親しまれてきた紫陽花。日本古来の原種はガクアジサイやヤマアジサイ。ゆずり葉にも赤と青のガクアジサイや山紫陽花の渥美しぼりも咲き始めています。

墨田の花火も爽やかにはじけるように咲き始めています。


淡いピンクから、淡い水色へと優しく毎日変化が見られています。
爽やかな青空にとても涼し気です。

学名の「Hydrangea(ハイドロランジア)」は、ギリシャ語の水(hydro)+器(angeion)で、「水の器」「水がめ」を意味し、梅雨のシンボルの様な紫陽花は皆さんもご存知のとおり、とってもお水が大好きです。
ゆずり葉の紫陽花たちも、青空を見上げながら空からのシャワーを待ちわびているようです。


カシワバアジサイのお隣に小さく咲き始めたアナベル。
これから大きく真っ白になっていくのが楽しみです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加